副業ニュース

【働き方改革】週休3日制導入は副業解禁の流れを加速させるか

週休3日制で副業解禁

どうも、愛書狂です。

愛書狂はどんな人?

  • 愛知県の自動車部品メーカー勤務
  • 会社員5年目の凡人サラリーマン
  • 読書が趣味で好奇心旺盛
  • 目指せ年間100冊読書!!
  • ココナラやブログで副業、不動産投資や株トレードで資産運用
  • 目指せ副業収益年間100万円!!

先週とても気になるニュースを日経新聞で見つけました。

週休3日制選べるように 自民本部長試案、政府に提言へ

転職を考えていたり、これから就職活動をしていくような学生にとっては気になる内容だと思うので紹介していきます。

【働き方改革】本業は週休3日制を選べる時代へ

ニュースの内容を紹介

自民党の一億総活躍推進本部(猪口邦子本部長)は14日の会合で、企業の正社員が週休3日制を選べるようにする本部長試案を示した。子育てや介護、副業などに取り組みやすい環境の整備を目指す。
 希望者が理由に関わらず週休3日制を選択できる内容を盛り込んだ。中小企業に広がらない可能性があるとみて奨励金創設の必要性も訴えた。
 新型コロナウイルスの感染対策で在宅勤務など新しい働き方が注目される。試案は提案理由として「柔軟な労働環境や就労形態への対応力が内在する」と説明した。
 少子化対策だけでなく、休日の地方滞在を促し地方創生にもつながると指摘した。

【日本経済新聞(1/15)より引用】

自民党の一億総活躍推進本部の猪口本部長が企業の正社員が週休3日制を選べるようにする試案を示したとのこと。

まず、一億総活躍推進本部っていう組織を恥ずかしながら初めて知りました。

少し調べてみた感じだと、厚生労働省の中にある組織で、少子高齢化による問題に対して日本人全員が活躍して豊かな社会を築こう!というミッションの下作られたもののようです。

安倍首相時代に立てられた「新・三本の矢」を実現することを目指しています。

  • 希望を生み出す強い経済
  • 夢をつむぐ子育て支援
  • 安心につながる社会保障

【メリット】我々会社員は週休3日制をどう活かすのか?

さて、国の壮大な目標は「そんなこともあるのね、、、」くらいにしておいて、関心があるのは我々会社員にどう影響してくるのか?ということですよね。笑

仮にあなたが週休3日制を選択したとしたら、メリット・デメリットが当然あります。

 

メリット

  • 子育てや介護に時間を充てやすくなる
  • 副業など本業以外の収入源の拡大につながる
  • 大学院や資格取得のための勉強など学び直しやスキルアップにつながる

当然ですが、週休3日制を選ぶことで柔軟な働き方ができるようになります。

国策としての狙いは、子育てや介護が理由で離職してしまう女性が働き続けられるようにすることのようです。

それ以外の人にとっても副業に充てる時間を増やしたり大学院や資格取得の勉強などのスキルアップの時間に使うことができます。

私個人としてはこの学び直しの時間が増えることがすごく重要だと感じています。同じ業界、同じ仕事を60歳(下手したら将来的には70歳!?)まで続けるなんて耐えられません…笑

一方で、本業で必要なスキルは本業をやりながら身につけるものだという意見もあります。これに対しては完全に同意しますが、これからの時代は業界をまたいだスキルや知識、人脈が必要になることもまた事実だと思います。

週休3日制のデメリット

デメリット

  • 本業の給料が減る
  • 本業のスキル取得が遅くなる

既に週休3日制を導入した企業もあり、給料を2割削減したといいます。

仮に年収500万円の会社員だとすると、給料が100万円も減らされることになるので非常に痛いですね…。

その分を副業でカバーできればいいですが、それほどうまくいくことはあまり考えられません。

それに関連して、本業のスキル取得が遅くなることもデメリットです。

年収を上げていく方法として、本業で身につけたスキルを活かしてより年収の高い職種や企業へ転職する方法が有効だからです。

これらのデメリットに共通する前提として、お金が第一優先として働いているサラリーマンにとっては週休3日制というのはあまりいい話ではないのかもしれません。

【結論】週休3日制導入は副業解禁を加速させない

結論、週休3日制を導入しても副業解禁の流れは加速しないと考えます。

「コロナ禍で下がった給料を補うために副業をしたい」というモチベーションが大半である以上、本業の給料をさらに減らしてまで週休3日制を選択する人は皆無でしょう。

やりがいを求めて副業をしたいという人にとってはいい選択肢となる可能性はあります。

この制度は女性の働き手を増やすことが第一目的と考えられます。週休3日制にして副業に取り組める!とは言っても本業で2割も給料が削減されてしまったら本末転倒というもの。

副業でそれ以上カバーしようとするバイタリティのある人はそもそも週休2日制の時点で行動に移していると思います。

ただし人生100年時代の今、ジョブチェンジのために学び直しを目的として週休3日制を活用することはとても有意義です。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事

愛書狂

1991年生まれ。現在は愛知県在住で自動車部品メーカー勤務のへなちょこサラリーマンです。年間50冊以上の読書で身につけた知識と空想を副業を通じて実践しています。 このブログでは日頃読んでいる本や副業実績を紹介します。

-副業ニュース

Copyright© 副業サラリーマンの収入ポートフォリオ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.