Webライティング

副業初心者におすすめはWebライター!おすすめのWebライターサービスやWebライターになる方法を紹介!

  • 副業初心者でも簡単に始められる仕事はないかな」
  • 場所や時間を問わずに稼げる副業がしたい」

この記事は、そんな思いをもった方のために書いています。

副業初心者におすすめしたいのは、Webライターです。

Webライターとして仕事を受けるためのサービスやWebライターになる方法について紹介します。

僕自身、この記事で紹介するサービスを利用して月3万円以上を副業として稼ぐことができるようになりました。

今は副業をするのが当たり前になりつつあります。

本業だけでは生活費が足りないという人が増えているためです。

副業にも様々な種類があるのですが、副業初心者、未経験者にはWebライターが圧倒的におすすめです。

では、副業におすすめなWebライターという仕事のしょうかいと、Webライターにおすすめのサービスについて紹介していきます。

Webライターの仕事内容

「そもそもWebライターとはどのような仕事なの?」

WebライターはWeb上に掲載する文章などを、パソコンやスマホ、タブレットなどで執筆する仕事です。

普通のライターとは違い、Web上に掲載される文章のみを執筆します。

今はネット社会になってきており、ネット上に掲載される情報は私たちの生活にかかせない存在です。

ネットの検索機能で調べ物を行い、ヒットした文章などはWebライターが書いている場合がほとんどです。

Webライターになるには

Webライターは誰でもなることができます。

特別な資格などは一切必要ありません。

では、Webライターになる方法について紹介していきます。

Step1、クラウドソーシングサービスに登録

Webライターになるには、特別な資格は一切必要ありませんし、Webライティング系の会社に入らなくてはならないというわけでもありません。

Webライターになるための第一歩として、まずは仕事を紹介してくれるクラウドソーシングサービスに登録し、仕事を探してみましょう。

現在大きなシェアを占める、代表的なクラウドソーシングサービスは後ほど紹介します。

Step2、依頼を受けて、文章を作成する

Web上で募集している文章を作成し、Web上で掲載されることになればもうあなたはWebライターの仲間入りです。

Step3、実績を積み重ねる

特別な資格などは一切必要ありませんが、実績がとても大切になってきます。

やはり、依頼する側としては「実績がある人に依頼したい!」と思いますよね。

Webライターにも同じことが言えます。

文章の作成数を重ねれば重ねるほど、実績も増えるのでとにかく高品質な文章を作成しつつ、実績を重ねるということがとても大切になります。

Webライターになるために必要なスキル

Webライターは簡単に始めることができる副業の1つです。

しかし、Webライターを始めるのはとても簡単ですが、上記でも少し触れたようにWebライターを続けるためには実績が大切になってきます。

Webライターとしての実績を身に着けるためには、Webライターとしてのスキルを持っておく必要があります。

では、Webライターになるために必要なスキルについて紹介していきます。

  • 調べた情報を処理する能力
  • 文章を作成する能力
  • 基本的なパソコン操作を行う能力

パソコンやスマホ、タブレットなどの基本操作ができなくては、Webライターの仕事をスタートさせることはできません。

事前にしっかりと基礎知識を身に着けておきましょう。

文章を作成する前に、Web上で情報を収集します。

Web上に掲載されている情報が全て正しいとは限りません。

なので、どの情報が正しく、間違えなのか?を判断し、処理する能力がとても大切になります。

さらに調べた情報を文章にしていく必要があります。

調べた情報をわかりやすく文章にするためにも、文章を書く能力がとても大切になります。

これらの能力は最初苦手であっても、数をこなしていくと得意になっていくこともあります。

文章を書くのが得意になったり、情報処理が得意になることもあるので、まずはWebライターの仕事を始めてみましょう。

Webライターが副業初心者や未経験者におすすめな理由

Webライターが副業初心者や未経験者にオススメな理由としてはいくつかあります。

  • パソコンやスマホ、タブレットを持っているだけで仕事ができる
  • 特別な資格は必要ない
  • 初期費用などは一切かからない

今はほとんどの人がパソコンやスマホ、タブレットを持っています。

なので、パソコンやスマホ、タブレットを持っている人であればWebライターの仕事をすぐに始めることができるのです。

さらに特別な資格などは一切必要ありません。

初期費用もかからないので、副業初心者や副業未経験者にとって、Webライターはとてもおすすめなのです。

Webライターにおすすめのクラウドソーシングサイトを紹介!

Webライターの仕事を募集しているクラウドソーシングサイトはいくつかあります。

では、Webライター初心者にもおすすめなクラウドソーシングサイトについて紹介していきます。

<クラウドワークス>

クラウドワークスはクラウドソーシングの仕事を募集しているサイトです。

Webライター以外にもWebデザイナーやWeb制作などの仕事も見つけることができます。

自分のスキルや希望料金に合っている仕事を見つけ、応募します。

そして、受注者が書いて欲しい!となれば契約になります。

自分で料金設定などはできませんが、仕事の募集数はとても多いですし、仕事が見つかる確率もとても高くなっています。

仕事募集数は2万件以上ですが、文字単価は0.3円~と定額で比較的安価な依頼が多いことが特徴です。

「仕事1本で高額稼ぎたい!」という人よりも「仕事をたくさん受注して実績を積み重ねたい!」という人におすすめなクラウドソーシングサイトです。

<ランサーズ>

ランサーズはクラウドワークスに似ているクラウドソーシングサイトです。

ランサーズでもWebライター以外にもWebデザイナーやWeb制作などの仕事も見つけることができます。

Webライターとしてのスキルをアップするための情報を提供してくれたり、Webライターとしての仕事も見つけることができるのでオススメです。

仕事募集数は1万件と少ないですが、文字単価は1円程度となっており、高額です。

ランサーズで稼がれた総額は212億円、クラウドワークスでは67億円と仕事数の規模としてはクラウドワークスのほうが多いです。

しかしランサーズの方がクラウドワークスよりも文字単価が高いので、1本あたりで稼げる金額はランサーズのほうが多く、仕事1本で高額稼ぎたい!という人にオススメなクラウドソーシングサイトです。

<ココナラ>

ココナラはクラウドソーシングサイトとは全く違います。

ココナラは自分の特技を提供する場所です。

Webライターとしての仕事の募集はリクエストボードで確認することができますが、それだけでなく、Webライターとして文章を書く仕事を特技として販売することが可能です。自分でWebライターとしての料金も設定することができ、サービス内容も自分で考えることができます。

他のクラウドソーシングサイトでは決まっている料金でやらなくてはならないのであまり稼ぐことができないというデメリットがありますが、ココナラは自分で料金設定、サービス内容の設定ができるのでとてもおすすめです。

Webライターは副業に最適!

今回は副業におすすめなWebライターについて、Webライターをはじめることができるサービスについて紹介してきました。

WebライターはWeb上に掲載される文章を作成する仕事です。

特別な資格などは必要なく、パソコンやスマホ、タブレットがあれば誰でも始めることができるため、副業初心者や副業未経験者にはおすすめです。

Webライターになるためには、まずはクラウドワークスやランサーズ、ココナラといったクラウドソーシングサイトに登録しましょう。

クラウドワークスやランサーズは自分に合ったWebライターの仕事を見つけ、ココナラはWebライターとしての仕事を販売してみましょう。

ぜひ参考にしてみてください。

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
Hali

愛書狂

1991年生まれ。現在は愛知県在住で自動車部品メーカー勤務のへなちょこサラリーマンです。年間50冊以上の読書で身につけた知識と空想を副業を通じて実践しています。 このブログでは日頃読んでいる本や副業実績を紹介します。

-Webライティング
-,

Copyright© 副業サラリーマンの収入ポートフォリオ , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.